千葉での葬儀の際の供花のマナー

千葉での葬儀の際、供花はお香典の代わりにもなる存在で、どうしても都合がつかずに葬儀に参列することができない時などにおくることもできます。

▼葬儀の様々な知識については>>【URL:http://www.tuenergiasolar.com/

しかし「せめてお花だけでもおくりたい」と思っても、場合によっては供花を受け付けていない葬儀もあります。

供花に関しては主に葬儀社の経営している斎場や、一部の公営斎場においては、供花の持ち込みに関して費用負担のあるところがあります。

供花をいただいても花祭壇をあらかじめ準備している場合、デザイン的に合わなかったり置く場所がなかったりすることがあります。

生花ですから、設置や解体するのにも手間暇がかかります。

また、葬儀会場で供花がバラバラに届いてしまうと、並べる際の順番などで余計な負担をかけてしまうこともあるといいます。

供花をしたいという気持ちがある場合には、葬儀社の方に直接確認を取るというのがマナーになっています。

ご家族や近しい方にひとこと声をかけるのでもいいでしょう。

いきなりお花をおくるのではなく、確認作業をすることが大切です。

千葉の葬儀会場に必ず供花をするのではなく、枕飾り、後飾りに使ってもらえるように、自宅宛てにおくることもできます。

どちらにせよ、いきなりおくることは避け、ご自宅の方にお花をおくらせていただいても構いませんか?のひとことが大切です。

葬儀の前後は葬家は精神的にも肉体的にもストレスを感じている時ですから、連絡の際には手短に、負担をかけないように気遣いをするのがマナーです。