投稿日:

千葉での葬儀では、宗旨によって供花の花材を考える

千葉での葬儀の際の供花は、仏教ならば菊の花を連想しがちですが、昨今の花祭壇には実にさまざまな花を使用しています。

生前の故人が好きだった花材をふんだんに使い、色で統一感を出したものや、カラフルで明るいイメージの花で祭壇を埋め尽くしたものなど、葬儀によってさまざまです。

バラの花などトゲのあるもの、香りの強いものなどを避けるなどの心遣いも大切です。

宗旨・宗派によっても良く使用される花材は違ってきます。

キリスト教の葬儀では菊の花は使用することはまれで、白ユリや白のカーネーションなどを使うことが多いものです。

十字架の形に作ったアレンジや、花輪型のアレンジもキリスト教の葬儀には欠かせないものです。

仏教でいうお焼香の代わりに献花を行うので、ひとりずつ手に花を持って故人に捧げます。

前の人の献花のようすをみながら、同様に行うといいでしょう。

キリスト教ではお香典は御花料、または献花料と言い、十字架が印刷された香典袋や無地の封筒を利用するのが一般的です。

お花屋さんは供花の知識や実績がありますので、相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

葬儀の際におくる供花は相手の立場を考え、思いやりと気遣いの上で行うことが大切です。

葬家や葬家に近い人に供花をしたいと考えていること、斎場側の受け入れ体制などを確認してから行うのがマナーです。

千葉の地域によっては花輪を共同名義で出すところもあれば、斎場側が供花の受付をしてくれないところもあります。

自分の知識に頼らず、必ず葬家の意向を確認しましょう。