投稿日:

千葉での葬儀で供花をおくる時に知りたいこと

供花は、葬儀の際に遠方などの理由で参列できない時にお花をおくることができるものです。

家族や親せきが共同でおくったり、会社名義で出すこともできます。

香典を受けない葬家には、香典の代わりとしてお花をおくることもできます。

通夜、告別式のどちらにおくっても構いませんし、どちらにも間に合わなかったという場合には、葬儀が終わってから自宅へおくることもできます。

花を1段、2段といったスタンドにアレンジしたもの、籠を使用したもの、会場の入り口にフリースタンドで立てる花輪など、供花にもさまざまなスタイルのものがあります。

葬儀の規模や宗旨・宗派、千葉の地域の風習などによっても葬儀の際の供花の種類が変わってきます。

葬儀の際の供花は、葬儀社が葬儀会場の設置を行うため、葬儀社に直接確認をとっておくるのがマナーです。

千葉での葬儀のお知らせを受け、お花をおくろうという話しになったけれど、葬儀社の名前や連絡先は教えてもらわなかったという時には、葬儀の日時を実際に葬儀の行われる会場に確認し、葬儀社の連絡先を教えてもらうことができます。

葬儀社の方に直接連絡をとって依頼して供花をおくるという流れになります。

お花の数え方はひとつを一基、ふたつで一対という風になります。

花祭壇の場合にはその一部が供花ということになります。

実際に誰がどの花をおくったかはわからないですが、芳名を別途記載したものが飾られますから、供花した人の名前がわかるようになっています。