千葉の葬儀社選びは積極的に

葬儀にかかる費用は千葉県の平均は日本全国の平均と比較すると、心もち高価な136万円前後とされています。

平成22年の経済産業省の調査です。

葬儀費用は規模や参列する人数によって大きく変化します。

葬儀の費用だけでなく、前後して故人の医療費や仏壇・仏具・お墓の準備資金なども考慮する必要があります。

葬儀だけに費用がかかるというわけではありません。

あらかじめ葬儀のことを見越して予算を建てているご家庭もあります。

しかし葬儀費用の負担が重く、いざと言う時に葬儀費用を捻出するのに苦労したというケースも少なくありません。

葬儀費用はいまだにわかりにくさがあり、透明感に欠けるというのは良く指摘される通りです。

ネットを基盤にした葬儀社も増え、どの葬儀社に葬儀を依頼すれば良い葬儀で故人を見送ることができるのか、わかりにくくなっています。

●関連記事→《URL:http://toyokeizai.net/articles/-/9495

葬儀費用だけに着目すれば、ネット経由で葬儀社を選択することがスマートな選択のように思えます。

しかし満足のいく葬儀でおくってあげたいとなると、選択が難しくなってしまうのではないでしょうか。

葬儀社が実際に地元のどんな斎場を利用しているのか、利用者の印象、費用面の透明感など、総合的に葬儀社選びを行い、やがて訪れる葬儀の時には、能動的に葬儀社を選ぶことができたと満足できるようにしたいものです。

事前に千葉にある葬儀社や葬儀について調べておくことは、近い将来の決断に必ず役に立つことでしょう。

知らなかったと後悔しない葬儀社選びをしたいですね。

千葉での葬儀のお知らせ

千葉での葬儀の知らせをうけたら、親類、近しい友人やお世話になった恩師、会社の関係者の家族など、故人と自分がどの程度近しくお付き合いしていたかによって、対応が変わってきます。

身近な人の場合はすぐに駆けつけてお手伝いを申し出るのが一般的です。

配偶者の家族なども同様です。

遠方ですぐに千葉へむかえないときはまずは電話でいつ出向くことができるかだけでも伝えます。

葬家の負担にならないように、手短に用件だけを伝えるようにします。

自分が手伝えることはないかとひとこと添えるのも礼儀です。

葬儀に参列することができない場合には、代理人として配偶者が弔問する、弔電をうつなどします。

■Pickupリンク⇒お悔やみの気持ちは弔電で|NTT東日本

日を改めてお悔みの手紙を出して弔問できなかった事情などを説明しておきましょう。

その際には、忌み言葉などに気を使い、生前の故人にお世話になったことなどに触れ、自分の言葉で御礼を言うことを忘れないようにしましょう。

電話口でお悔みをというのは失礼にあたるので避けたいです。

仕事上の知り合いやもう少し距離のある方の場合には、取るものもとりあえずということはないですから、葬儀に参列するために失礼のないように準備に取り掛かります。

ご近所で訃報があった場合、地域にもよりますが、千葉や東京などの都市部では自宅に弔問へ出かけることはまれでしょう。

お隣などごく近くの場合には玄関先などでお悔みの挨拶をします。

家の中にあがることは避け、お手伝いができることがあれば声をかけておくという風にします。

千葉での葬儀で供花をおくる時に知りたいこと

供花は、葬儀の際に遠方などの理由で参列できない時にお花をおくることができるものです。

家族や親せきが共同でおくったり、会社名義で出すこともできます。

香典を受けない葬家には、香典の代わりとしてお花をおくることもできます。

通夜、告別式のどちらにおくっても構いませんし、どちらにも間に合わなかったという場合には、葬儀が終わってから自宅へおくることもできます。

花を1段、2段といったスタンドにアレンジしたもの、籠を使用したもの、会場の入り口にフリースタンドで立てる花輪など、供花にもさまざまなスタイルのものがあります。

葬儀の規模や宗旨・宗派、千葉の地域の風習などによっても葬儀の際の供花の種類が変わってきます。

葬儀の際の供花は、葬儀社が葬儀会場の設置を行うため、葬儀社に直接確認をとっておくるのがマナーです。

千葉での葬儀のお知らせを受け、お花をおくろうという話しになったけれど、葬儀社の名前や連絡先は教えてもらわなかったという時には、葬儀の日時を実際に葬儀の行われる会場に確認し、葬儀社の連絡先を教えてもらうことができます。

葬儀社の方に直接連絡をとって依頼して供花をおくるという流れになります。

お花の数え方はひとつを一基、ふたつで一対という風になります。

花祭壇の場合にはその一部が供花ということになります。

実際に誰がどの花をおくったかはわからないですが、芳名を別途記載したものが飾られますから、供花した人の名前がわかるようになっています。

千葉での葬儀では、宗旨によって供花の花材を考える

千葉での葬儀の際の供花は、仏教ならば菊の花を連想しがちですが、昨今の花祭壇には実にさまざまな花を使用しています。

生前の故人が好きだった花材をふんだんに使い、色で統一感を出したものや、カラフルで明るいイメージの花で祭壇を埋め尽くしたものなど、葬儀によってさまざまです。

バラの花などトゲのあるもの、香りの強いものなどを避けるなどの心遣いも大切です。

宗旨・宗派によっても良く使用される花材は違ってきます。

キリスト教の葬儀では菊の花は使用することはまれで、白ユリや白のカーネーションなどを使うことが多いものです。

十字架の形に作ったアレンジや、花輪型のアレンジもキリスト教の葬儀には欠かせないものです。

仏教でいうお焼香の代わりに献花を行うので、ひとりずつ手に花を持って故人に捧げます。

前の人の献花のようすをみながら、同様に行うといいでしょう。

キリスト教ではお香典は御花料、または献花料と言い、十字架が印刷された香典袋や無地の封筒を利用するのが一般的です。

お花屋さんは供花の知識や実績がありますので、相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

葬儀の際におくる供花は相手の立場を考え、思いやりと気遣いの上で行うことが大切です。

葬家や葬家に近い人に供花をしたいと考えていること、斎場側の受け入れ体制などを確認してから行うのがマナーです。

千葉の地域によっては花輪を共同名義で出すところもあれば、斎場側が供花の受付をしてくれないところもあります。

自分の知識に頼らず、必ず葬家の意向を確認しましょう。