千葉での葬儀のお知らせ

千葉での葬儀の知らせをうけたら、親類、近しい友人やお世話になった恩師、会社の関係者の家族など、故人と自分がどの程度近しくお付き合いしていたかによって、対応が変わってきます。

身近な人の場合はすぐに駆けつけてお手伝いを申し出るのが一般的です。

配偶者の家族なども同様です。

遠方ですぐに千葉へむかえないときはまずは電話でいつ出向くことができるかだけでも伝えます。

葬家の負担にならないように、手短に用件だけを伝えるようにします。

自分が手伝えることはないかとひとこと添えるのも礼儀です。

葬儀に参列することができない場合には、代理人として配偶者が弔問する、弔電をうつなどします。

■Pickupリンク⇒お悔やみの気持ちは弔電で|NTT東日本

日を改めてお悔みの手紙を出して弔問できなかった事情などを説明しておきましょう。

その際には、忌み言葉などに気を使い、生前の故人にお世話になったことなどに触れ、自分の言葉で御礼を言うことを忘れないようにしましょう。

電話口でお悔みをというのは失礼にあたるので避けたいです。

仕事上の知り合いやもう少し距離のある方の場合には、取るものもとりあえずということはないですから、葬儀に参列するために失礼のないように準備に取り掛かります。

ご近所で訃報があった場合、地域にもよりますが、千葉や東京などの都市部では自宅に弔問へ出かけることはまれでしょう。

お隣などごく近くの場合には玄関先などでお悔みの挨拶をします。

家の中にあがることは避け、お手伝いができることがあれば声をかけておくという風にします。