千葉での葬儀で供花をおくる時に知りたいこと

供花は、葬儀の際に遠方などの理由で参列できない時にお花をおくることができるものです。

家族や親せきが共同でおくったり、会社名義で出すこともできます。

香典を受けない葬家には、香典の代わりとしてお花をおくることもできます。

通夜、告別式のどちらにおくっても構いませんし、どちらにも間に合わなかったという場合には、葬儀が終わってから自宅へおくることもできます。

花を1段、2段といったスタンドにアレンジしたもの、籠を使用したもの、会場の入り口にフリースタンドで立てる花輪など、供花にもさまざまなスタイルのものがあります。

葬儀の規模や宗旨・宗派、千葉の地域の風習などによっても葬儀の際の供花の種類が変わってきます。

葬儀の際の供花は、葬儀社が葬儀会場の設置を行うため、葬儀社に直接確認をとっておくるのがマナーです。

千葉での葬儀のお知らせを受け、お花をおくろうという話しになったけれど、葬儀社の名前や連絡先は教えてもらわなかったという時には、葬儀の日時を実際に葬儀の行われる会場に確認し、葬儀社の連絡先を教えてもらうことができます。

葬儀社の方に直接連絡をとって依頼して供花をおくるという流れになります。

お花の数え方はひとつを一基、ふたつで一対という風になります。

花祭壇の場合にはその一部が供花ということになります。

実際に誰がどの花をおくったかはわからないですが、芳名を別途記載したものが飾られますから、供花した人の名前がわかるようになっています。

千葉での葬儀では、宗旨によって供花の花材を考える

千葉での葬儀の際の供花は、仏教ならば菊の花を連想しがちですが、昨今の花祭壇には実にさまざまな花を使用しています。

生前の故人が好きだった花材をふんだんに使い、色で統一感を出したものや、カラフルで明るいイメージの花で祭壇を埋め尽くしたものなど、葬儀によってさまざまです。

バラの花などトゲのあるもの、香りの強いものなどを避けるなどの心遣いも大切です。

宗旨・宗派によっても良く使用される花材は違ってきます。

キリスト教の葬儀では菊の花は使用することはまれで、白ユリや白のカーネーションなどを使うことが多いものです。

十字架の形に作ったアレンジや、花輪型のアレンジもキリスト教の葬儀には欠かせないものです。

仏教でいうお焼香の代わりに献花を行うので、ひとりずつ手に花を持って故人に捧げます。

前の人の献花のようすをみながら、同様に行うといいでしょう。

キリスト教ではお香典は御花料、または献花料と言い、十字架が印刷された香典袋や無地の封筒を利用するのが一般的です。

お花屋さんは供花の知識や実績がありますので、相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

葬儀の際におくる供花は相手の立場を考え、思いやりと気遣いの上で行うことが大切です。

葬家や葬家に近い人に供花をしたいと考えていること、斎場側の受け入れ体制などを確認してから行うのがマナーです。

千葉の地域によっては花輪を共同名義で出すところもあれば、斎場側が供花の受付をしてくれないところもあります。

自分の知識に頼らず、必ず葬家の意向を確認しましょう。